幼い子供を持つ親でしたら分かってもらえる気がしますが、今までできなかったことができるようになった子供の成長と、その瞬間に見せるドヤ顔のような子供の笑顔には本当に癒されます。

保育園に子供を送りに行くときにいつもなら子供の靴を脱がせているのですが、今朝は余裕があったのでじっと子供を見守っていると、靴や靴下をどうにか自分で脱ごうと子供が悪戦苦闘していました。
その一生懸命な姿も微笑ましかったのですが、どうも踵の部分がひっかかってできなかったようで、手を添えて一緒にその部分を抜けさせてあげるとハッとした表情で見返してきてそこも可愛かったです。
最後は自分で靴箱に靴を入れてから先生の方へと駆け出していってしまいましたが、そのときのやり切ったような達成感は普段の独り暮らしだったらなかなか味わえない嬉しさかもしれません。

とにかく朝は眠くてグズったり泣いたりととても手のかかる子なので憎らしく思うことも多々あるのですが、たまにご褒美のような形でこのようなシーンが訪れるので、子育てというのはやめられないのかもしれません。

Author

33gyoza